合体

「Come on, let your hair down. (さあ、髪を下ろして)」
彼は言った。
何年か前にこの英語のフレーズを大学の授業で習ってからわりと気に入っている。そして実際好きで使っている。
彼女はたっぷりと長い髪をまとめてポニーテールにしていた。少しほほえみ、髪をほどくところを彼が見たがっていることを知りつつ、リボンをはずす。
髪を手ぐしでとかし、抜けた髪をベッドの脇に落とそうとすると、彼がそれをつまみ、結び目を作り始めた。彼の大きな手では、それは時間のかかる作業。結び終えると彼女に渡す。
「願いごとをして。結び目の数だけ」
彼女はその髪をサイドテーブルに置き、腕時計をおもしにする。
「お願いごとするから、叶ったら教えてあげる」